原爆投下日

NHKが行った世論調査で、広島と長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、正しく答えられなかった人がそれぞれ全国で7割程度に上っているという。

NHKの報じる所では、

まず、広島に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月6日」と正しく答えられた人は、広島で69%、長崎で50%、全国で30%でした。
また、長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月9日」と正しく答えられた人は、広島で54%、長崎で59%、全国で26%でした。
さらに、「アメリカが原爆を投下したことについて現在、どう考えていますか」と聞いたところ、「今でも許せない」と答えた人は、広島で43%、長崎で46%、全国で49%でした。
一方、「やむを得なかった」と答えた人は、広島で44%、長崎で41%、全国で40%で、広島では、ごく僅かですが、数字の上では「やむを得なかった」と答えた人が、「許せない」と答えた人を上回りました。
そして、「近い将来、世界のどこかで核戦争が起きる危険があると思いますか」と尋ねたところ、「かなりある」または「少しある」と答えた人は、広島で70%、長崎で70%、全国で66%でした。

ということだ。

広島大学大学院の布川弘教授の発言:「広島や長崎でも原爆投下の事実を知らない人がいるなど、非常に憂慮すべき事態だ。70年の節目に原点に立ち返って原爆について意識を高めていく必要がある」


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/kandai-hq/arsizbela.info/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

ぬれバーガー

モスバーガーが「ぬれバーガー ナポリタン風味」を8月3日から発売。スパイスの効いた甘めのトマトソースにバンズを浸し、パティを挟んだものらしい。価格は280円(税込み)で、東京と神奈川の全店舗で数量限定発売するとのこと。
様々な書き込みを見てみると、いずれも味には好意的な模様。しかし、やはり見た目には残念な声が多数。しかし、モスバーガーは基本食べずらいし、食べている間にドロドロになってしまうメニューが多いので、行きなれている人にとっては大きな問題にならないようだ。

「もちもちのパンにソースがじゅわっとからんで、ハンバーガーとはまた違った不思議な新食感。」
「ソースの熱で、チーズがトロ~リ溶けている。」
「ナポリタン風味ソースは、トマトの酸味の中にも複雑な風味が感じられました。」
「 このオリジナルソースには、トマト、玉ねぎ、ガーリック、白ワイン、ケチャップ、ウスターソースが使用されているそうで、ただのケチャップ味ではない、味わい深い上品な印象です。」
などの声があるようだ。
好評ならば全国展開もあるのかもしれない。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/kandai-hq/arsizbela.info/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

震電

大日本帝国海軍が開発した戦闘機。震電は従来の戦闘機の限界を超えるために水平尾翼を廃し、前方に小さな翼を設けるエンテ型という形式を採用している。さらに、エンジン・プロペラが機体後部に配置されるプッシャ式。つまり、プロペラがない方が前方ということになる。
このエンテ型+プッシャ式によって、操縦席が前方に移動した形となるので、ここに重武装を施すことができ、なおかつ機体の小型化=空気抵抗の軽減=高速化という目的が達成できる…という理屈。

1945年6月に試作1号機を完成させ、8月3日に無事初飛行に成功したが、その後エンジンの故障により三菱重工に連絡を取っている最中に終戦を迎え、戦闘に参加することも、全力で飛行することもなかったという。

試作機は工員らによって破壊され、試作2号機以下は命令により焼却された。後に米軍の命令で復元され、アメリカへと運ばれていった。アメリカでテストされ、その際のパイロットが「この戦闘機が実用化されなくて本当によかった」と語ったという話があるとかないとか。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/kandai-hq/arsizbela.info/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

セアカゴケグモ、春日部で発見

埼玉県は特定外来生物のセアカゴケグモが春日部市内で計5匹見つかったと発表した。県内で確認されるのは今年初めてという。

セアカゴケグモは、体長は雄が2.5から3mm、雌が10から14mm。体色は暗褐色又は黒色。メスの腹部背面中央にはゴケグモ特有の砂時計型の赤又は橙色の縦斑紋がある(オスには赤い斑紋はない。)。卵のうは乳白色又は黄褐色で、形は球形。
日本では1995年に大阪で初めて発見された。大阪の湾岸地域では、工場内、公園内のブロックの隙間、墓石の隙間、道路側溝の蓋の裏などから発見されている。強い毒を持っているが、攻撃性のないおとなしいクモなので、刺激しなければ大きな危険はない。

素手でさわらない限り咬まれることはないが、咬まれると激しい痛みととももに、局所の腫れ、めまい、嘔吐などの局所症状のほか、時には血圧の上昇、呼吸困難などの全身症状が現れることもある。有効な抗毒素血清があるので、咬まれたときはまず医療機関に相談するのが先決。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/kandai-hq/arsizbela.info/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

美濃部正

美濃部 正(みのべ ただし)は、旧日本海軍軍人で、戦後は航空自衛官。むやみな特攻に異を唱え、夜間攻撃を主張した人物。

昭和20年2月末、海軍木更津基地で、沖縄戦に関する研究会が開かれた。その席上、「次期沖縄決戦には練習機を含めて全員特攻編成する」という原案が打ち出された。

これに対し、夜間戦闘機隊「芙蓉部隊(ふようぶたい)」飛行隊長美濃部正少佐が抗命罪覚悟で反対意見を述べた。「今の若い搭乗員で死を恐れるものは誰もいません。ただ、一命を賭して国に殉ずるためには、それだけの目的と意義を有し、死して甲斐ある戦果をあげたい、と念じています」「しかるに敵上空に到達することすら見通しがなく、かつ死に価する戦果をあげる確算もない特攻では、どうして死に甲斐となるでしょうか」。

これに対する批判に対し、美濃部少佐は、「練習機まで出して成算があるというのなら、ここにいらっしゃる方々がそれに乗って攻撃してみるといい。私が零戦一機で全部、射ち落としてみせます」と述べ、効果の著しく低いと思われる特攻には異を唱えたという。
ここに抗命罪を問わなかった上層部の意志も汲み取れる。

美濃部少佐率いる芙蓉部隊は夜間奇襲という過酷な作戦を続け、部隊における損失や犠牲者を最小限に食い止め、終戦を迎えたという。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/kandai-hq/arsizbela.info/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

「紙の動物園」

「ペーパークラフトの出版物?」「おりがみの折り方集?」…そうではなかった。海外作家の小説のようだ。芥川賞を取ったピースの又吉さんが、夏休みに読むオススメ本として推薦したのが、『紙の動物園』らしい。
又吉さんが番組で紹介し注目度が急上昇したこの作品は、ネット販売大手のAmazonですぐさまベストセラーランキング入りし、瞬く間に在庫切れとなってしまったらしい。大衆行動らしくて健全な事である。

又吉さんによる紹介に出演者が聞き入る中、和田アキ子が突然「今きみが(本を)出してる出版社から(その本も)出してはるの?」と意味深に尋ねたらしい。まるで宣伝を疑うかのような質問に、又吉は戸惑いながらも否定していたが、和田は「今(お薦め本を)言われただけで聞いてまうもんな」と大げさに頷きながらコメントしていたという。
「紙の動物園」は早川書房、「火花」は文藝春秋から刊行されている。
こういう絡み方が出来るのも、もはや才能と言うしかないのか。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/kandai-hq/arsizbela.info/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

熊井友理奈

ハロープロジェクトのアイドル熊井友理奈さんが『ナカイの窓』の「デカイ人SP」というテーマで出演し、番組内で計測した結果、公称身長176cmだったのが181cmであることが判明!熊井さんは放送後に自身のブログを更新し”身長”のことに触れ、以前はコンプレックスだったことなど、熊井さんの率直な思いをつづった。

—————————-

176㎝でも181㎝でも私は私です。

身長高いことがコンプレックスでしたが、
今はこの身長が私のチャームポイントです!
両親が健康にここまで
スクスク育ててくれたことに感謝です!

今後もデカイ私を宜しくお願いします?

いつかスカイツリーの
イメージキャラクターになれるといいな~笑

————————————–

背の高い女性は何かとコンプレックスを感じるようだ。少しでも小さく見えるようにか、背中を丸めるような人も目立つ。しかし、背筋を伸ばしにっこり笑えば魅力的な人も多い様に思う。自信を持ってほしいものだ。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/kandai-hq/arsizbela.info/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

動物キャラナビ

動物キャラナビというものが話題なんですって?「ふーん」と思ってちょっと検索してみれば・・・動物占いじゃないですか!20年くらい前に流行りましたよね、アレ。そのあと、戦国武将占いとか、幕末キャラ占いとか、ガンダム占いとか、限りなく亜種・亜流が湧いて出て来ましたが…。

確かに動物占いは万人受けしやすかった印象があります。当時イベントをするのにも、グループ分けしてゲームをする時などに重宝した覚えがあります。

もともと動物占いは四柱推命から来ていましたよね。四柱推命が衰えることなく人々の心をつかむのは、何の理由からなのでしょう?四柱推命は東洋(昔の中国?)発祥ですが、西洋では占星術が昔から続く占いの代表格なんですかね?(よう知らんけど)

どちらも周期性が有り、物事は繰り返す性質があることを暗に伝えていますねェ。コレを学びに使うのはとても有用に思いますが、昔の服や、もう使わなくなって久しいモノを捨てない理由にするのはやめてほしいものです。「また流行った時に買わなくて済むでしょう…」と言いながら、シルエットが違う云々で、結局日の目を見ないモノの数々を私は知っているのですが。結局は買うんじゃん。しかし、コレを言って良かったためしはありません。そう、相手に学習することを求める前に、自分が学習せねば。…結局相手が学習する機会が永遠に訪れないという事態に陥ろうとも・・・(愚痴でシメてゴメン××;)


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/kandai-hq/arsizbela.info/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

噂の代打

第97回全国高等学校野球選手権埼玉大会5回戦・滑川総合高校vs埼玉栄高校の試合。見事なバットパフォーマンスを披露していると噂のヤバすぎる代打選手が、滑川総合の馬場優治選手。
周辺では滑川総合のムードメーカーとして有名だそうで、バットパフォーマンスからクセのある独特の動きまで、見ている者の視線をかっさらっていった。
ヌンチャクのようにバットを振り回してみせる時の手首の柔らかさは異常。
片足立ちの変なポーズは、アニメ「てーきゅう」の野球回にて出てきた「夜叉の構え」ではないかとの指摘もあれば、アニメ「ドカベン」に出てくる殿馬の「秘打 白鳥の湖」ではないかという指摘もある様です。個人的には殿馬になじみがありますが。
大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手がリツイートしたことで拡散のスピードに拍車がかかり、アメリカのニュースで取り上げられるといった快挙(?)も成し遂げたとか。
試合自体は滑川総合が2-3で惜敗を喫し、3年生の彼が今後公式戦に出てくることも無いのだろう。
その後、あまりにも話題になってしまったからか、埼玉県高野連が「注意処分」を与えることになったようだ。

公開されている動画には「効果音が欲しい」という書き込みもある様で、今後効果音入りの動画がアップロードされることも大いにあり得るのでは。
来年以降、トラッキーがあのようなパフォーマンスをしていたらどうしよう。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/kandai-hq/arsizbela.info/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27